高齢者の安否確認に見守りセンサー+無料見守りアプリで家の中も外も安心の見守り体制を!

超高齢社会となった現代、高齢者だけで暮らす世帯と高齢者の一人暮らし世帯が増え続けています。また、子供世代と同居していても、日中は高齢者だけというご家庭も少なくないでしょう。高齢者だけのお宅は窃盗犯や悪質商法のターゲットにされやすいといわれますし、高齢になると普段は元気にしていても急な体調変化に見舞われる可能性も増えます。 そんなことから、離れて暮らす高齢の家族の様子が気になるという方は多いと思います。近所づきあいも希薄になった昨今、家族に代わって、高齢者を見守るにはどうすればいいでしょうか? 毎日、電話やメールをすることも考えられますが、仕事や家事に追われるうち、ついつい忘れてしまいがちです。そこで、見守りサービスなどを利用する方法があります。   安心の見守り体制 タイトルにある「見守りセンサー」「無料見守りアプリ」とは 弊社見守りセンサー「みるモニ」と無料見守りアプリ「みるモニGPS」を指します。 この2つを連携させることで、家の中と家の外を同時に見守ることができます。 まずはこの2つのサービスを簡単にご紹介します。   見守りセンサー「みるモニ」 「みるモニ」はテレビを活用したネ…

暑い季節に要注意!高齢者の熱中症で気にかけること

熱中症の症状とは? 熱中症とは、高い気温や湿度が原因で起こるさまざまな症状のこと。暑いからといって全員が熱中症にかかるわけではなく、その人の体の状態などによっても、症状の有無や程度が変わります。 症状は軽いものだと、めまいや顔のほてり、体のだるさなど。ひどくなってくると、吐き気、筋肉痛やけいれんなどを起こします。異常に汗をかいたり、皮膚が熱くなったり赤くなっている状態も熱中症の症状です。 熱中症は、重症になると自力で水分摂取をできなくなったり、意識障害やふらつきなどを起こしたりしてしまい、最悪の場合は命を落としてしまうこともあります。   熱中症の種類について 熱中症の具体的な症状として以下のものがあります。 ●熱失神 皮膚血管の拡張によって血圧が低下し、脳への血流が悪くなり発症します。主な症状はめまい、失神、呼吸や脈拍数の増加などです。 ●熱けいれん 汗をかいた後、血液中の塩分濃度が低下することによって起こります。主な症状は筋肉痛、手足がつる、筋肉のけいれんなどです。水分補給した場合でも、塩化ナトリウムなどを含まない水道水を飲んだ後に起こることもあります。 ●熱疲労 汗をか…