暑い季節に要注意!高齢者の熱中症で気にかけること

熱中症の症状とは? 熱中症とは、高い気温や湿度が原因で起こるさまざまな症状のこと。暑いからといって全員が熱中症にかかるわけではなく、その人の体の状態などによっても、症状の有無や程度が変わります。 症状は軽いものだと、めまいや顔のほてり、体のだるさなど。ひどくなってくると、吐き気、筋肉痛やけいれんなどを起こします。異常に汗をかいたり、皮膚が熱くなったり赤くなっている状態も熱中症の症状です。 熱中症は、重症になると自力で水分摂取をできなくなったり、意識障害やふらつきなどを起こしたりしてしまい、最悪の場合は命を落としてしまうこともあります。   熱中症の種類について 熱中症の具体的な症状として以下のものがあります。 ●熱失神 皮膚血管の拡張によって血圧が低下し、脳への血流が悪くなり発症します。主な症状はめまい、失神、呼吸や脈拍数の増加などです。 ●熱けいれん 汗をかいた後、血液中の塩分濃度が低下することによって起こります。主な症状は筋肉痛、手足がつる、筋肉のけいれんなどです。水分補給した場合でも、塩化ナトリウムなどを含まない水道水を飲んだ後に起こることもあります。 ●熱疲労 汗をか…

誰でも簡単!最もシンプルな高齢者見守りセンサー

自分の親が高齢になり、離れた場所で暮らしていると、毎日問題なく暮らしているか心配になりますよね。 定期的に電話をしたりビデオ通話をすることで元気かどうかを確認する人が多いかと思いますが、高齢者専用の見守りサービスを利用するという選択肢もあったりします。 高齢者の見守りシステムを活用するメリットは、1人暮らしをする高齢者をいつでも見守ってくれて、なにかあれば遠方にいる家族にも連絡してくれるところです。 離れた場所に住む親の安否を毎日チェックするのは時間的にも精神的にも負担を強いられます。 見守りサービスを活用すればそういった作業を担ってくれるのです。 見守りシステムは高齢者が毎日無事に暮らしているかを、家族の代わりに見守り、「安心」を提供します。 しかし、実際に機器を使いこなせるのかと不安のある方もいらっしゃるかもしれません。 この記事では、そんな方に安心の「誰でも簡単に使える見守りセンサー」について解説していきたいと思います。 24時間安否確認が可能なサービス「みるモニ」 初期費用、ネット回線、取り付け工事不要の高齢者見守り機器が「みるモニ」です。 料金体系もシンプルです。 「みるモニ…

テレビで高齢者の見守り!ネット回線不要の見守りシステムとは

目次【本記事の内容】 1.テレビで高齢者の見守り!ネット回線不要の見守りシステムとは  1-1.テレビを利用するメリット  1-2.見守り製品の問題点  1-3.「みるモニ」の解決策 2.「みるモニ」機能一覧  2-1.テレビの電源入切状態感知  2-2.温湿度管理・警告機能  2-3.動体センサーでの見守り 3.使い方 3.まとめ テレビで高齢者の見守り!ネット回線不要の見守りシステムとは テレビを利用した高齢者の見守りサービス「みるモニ」。 テレビの電源状態を定期的に検出し、クラウドに記録していくことで、日常生活を見守るシステムです。クラウドに記録された各種情報をスマーフォンなどでチェックすることにより、離れたところで暮らす家族の安否を確認できます。 テレビの電源状態に加え、人感センサーや温湿度センサーなどが内蔵されているため、見守りの質を向上させることができます。また、「みるもに」内部にネットワーク回線も内蔵しているため、ネット環境が不要です。 初期設定なども必要ないため、テレビにケーブルを繋ぐだけで利用できます。 みるモニページはこちら↑ テレビを利用するメリット 1、ポットな…